PR

地方 地方

持続化給付金詐取の疑いで厚木の土木作業員逮捕

 新型コロナウイルス対策で個人事業主などを支援する持続化給付金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで厚木市戸室の土木作業員、中村誠哉容疑者(23)が青森県警に逮捕されていたことが明らかになった。認否は明らかにしていない。逮捕容疑は7月9日ごろ、青森市の20代男性らと共謀し、個人事業主を装ってインターネット上で虚偽申請し、男性名義の口座に給付金100万円を振り込ませたとしている。男性は友人で、7月29日に「不正受給をしてしまった」と申告していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ