PR

地方 地方

群馬県魅力度40位、検証チーム始動 知事不快感「信頼性欠ける」

 調査会社「ブランド総合研究所」の今年の都道府県魅力度ランキングで群馬が40位になったことを受け、山本一太知事は22日の定例会見で、「ランキングは県の魅力を反映していない」と批判し、妥当性などを検証する「魅力度ランキング検証チーム」を庁内に設置したと明らかにした。山本知事は参院議員時代から一貫して県の魅力向上に注力しており、ランキング結果が与える負の影響などを無視できないと判断した。

                  ◇

 「魅力度とは住みやすさや安全性、観光資源の豊富さなど価値の総体だ。このランキングは知名度のそれであり魅力度を測るツールとして信頼性に欠ける。(調査会社の)結果に対する説明もない」

 山本知事はこう述べ、改めて不快感を表明した。チームは今後、ランキングの統計学的な妥当性、他のランキングと比較した信頼性などの検証を進めるとともに、魅力度を評価するためのあるべき指標の検討に乗り出す構えだ。

 ランキングでは隣接する栃木県が最下位の47位となり、福田富一知事も不快感を示した。連絡を取った山本知事は両県が今後、検証で連携する方針で一致したと明らかにした。

 山本知事が強い不満を表明する背景には、昨年の知事選公約に「群馬ブランド」構築を掲げ、県のイメージアップに注力してきたことがある。県民がSNS(会員制交流サイト)で県の魅力を発信する事業や、農政部などでつくるチームが農畜産物の特長を数値化しブランド産品を育成する事業など、相当額の予算を投じてきた。

 今回の結果がメディアを通じて広まればイメージダウンは不可避となり「事業効果は半減しかねない」(県関係者)。山本知事は「観光産業など経済に影響を与える」と懸念を表明した。

 もともと山本知事は長く県の魅力アップに取り組んできた経緯もある。自民党県連会長だった平成29年、県連内の「タスクフォース」が当時の大沢正明知事にブランド力強化などの政策提言を行っており、今回の結果を看過できない背景になっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ