PR

地方 地方

「飛鳥II」来月4日清水入港 国基準上回るコロナ対策徹底

 新型コロナウイルスの影響で今年はまだクルーズ船が訪れていない清水港(静岡市清水区)に、国内最大の豪華客船「飛鳥II」が11月4日、寄港することになった。同市の田辺信宏市長が21日の定例会見で発表した。国などが示したガイドライン以上の感染症対策を徹底するという。

 国内でのクルーズ船運航は「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナ集団感染が起きた2月以降、全面的に中止されていたが、10月下旬から再開が決まった。再開後のクルーズ船寄港は今回の清水港が国内3例目。清水港としては昨年12月のダイヤモンド・プリンセス以来、約11カ月ぶりの大型客船入港となる。

 田辺市長は「いよいよクルーズ船の清水港への寄港を再開する。市として力を入れてきた客船誘致再開の第一歩を踏み出せる」と声を弾ませた。

 クルーズ船運航に関しては9月、国が監修したガイドラインが策定された。国内在住者が国内だけをめぐる3泊4日程度の短期間ツアーに限定し、感染症対策の徹底を条件に再開が認められた。今のところ条件を満たすのは、飛鳥IIを含む3社の3隻のみだ。

 国監修ガイドラインでは、乗客の乗船前2週間の検温と行動管理▽船内でのマスク着用や座席減、間隔の確保、換気の徹底▽感染疑い者が出た場合の船内隔離とイベントの中止-などが求められている。

 飛鳥IIではこれを上回る対策として、乗員、乗客全員に事前のPCR検査を義務付ける。乗客は定員の半分に絞り、基礎疾患を持つ人は感染リスクが高いため乗船を認めない。窓のない客室は使わない。船内に検査キットを常備して、感染疑い者には隔離スペースを確保する。

 船外でも対策を取る。港では、ブラスバンド演奏など恒例の歓迎イベントは中止する。岸壁での動線を制限し、飲食を禁止する。寄港中は、一般見学者の岸壁立ち入りを認めない。

 地元ではできる限りの対策をとりながら、久しぶりに訪れる大勢の乗船客によって、港町ににぎわいが戻ることを期待している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ