PR

地方 地方

女性刺殺 心臓貫通の傷2カ所 遺族「実感わかない」

 高崎市の市道に駐車中のレンタカーの中で新潟市の会社員、大沢佳那子さん(30)が刺殺された事件で、大沢さんの胸部に刃物による7つの傷があり、このうち2つが心臓を貫通していたことが20日、県警への取材で分かった。県警は、千葉市内で死亡しているのが見つかった千葉県松戸市の男(36)が、大沢さんに対し強い殺意を持って襲ったとみている。

 一方、大沢さんの遺族は20日までに、代理人弁護士を通じてコメントを発表した。主な内容は以下の通り。

 「突然の娘の訃報に接しましたが、とても信じることができません。娘はいつもと変わらずに『行ってきます』と言って自宅を出ていったのに、こんなことになってしまい、全く実感がわきません。そのため、私たちはこれ以上のコメントを出せる状況にはありません」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ