PR

地方 地方

小湊鉄道沿線を太巻きずしに 五井駅で3日間限定販売 千葉

 市原市の郷土料理で、冠婚葬祭などで振る舞われる華やかな巻きずしをアレンジした商品「房総太巻き祭りずし」が17、25、31日の3日間、同市の小湊鉄道五井駅ホームで販売される。同市は平成28年度から「小湊鉄道が結ぶ市原の魅力」をテーマに、ふるさとの名物となる商品開発を進めてきた。

 祭りずしは、市内で料理教室を開いている管理栄養士の上田悦子さん(70)が、華やかで子供から大人まで親しみやすい味に仕上げた。カレー味や梅味のごはんを取り入れ、具材にかんぴょうや県産のり、卵焼きなどを使い、トンボやコスモス、つばき、電車など同鉄道沿線の四季をデザインした。

 上田さんは「郷土料理を知らない世代が増えている。祭りずしを次世代に伝えていきたい」と語り、小湊鉄道の石川晋平社長は「旅には食がつきもの、大いに期待している」と話した。

 販売時間は午前9~11時。1箱500円(税込み)。1日当たり20~30箱を用意している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ