PR

地方 地方

離島対策、政府と連携強化 都知事、小此木担当相と面会

 小池百合子知事は16日、海洋政策を担う小此木八郎領土問題担当相と面会し、南鳥島や沖ノ鳥島を含む小笠原諸島での研究や調査について、安全保障政策も念頭に、政府と都の連携を強化することで一致した。

 都は同日、小笠原諸島など国境離島の振興策を強化するため、新たに担当部長と課長ポストを総務局内に設けた。

 小池氏はその後の定例記者会見で「新型コロナウイルスの感染が広がる中、小笠原諸島では航空路の確保が重要な課題だ。沖ノ鳥島の観測施設の老朽化に伴う更新も必要であり、こうした点で国と連携して対応したい」と述べた。

 また、小池氏は同日、平井卓也デジタル担当相にも面会した。地方自治体が民間企業などからITに精通した人材を登用しやすくするよう、法律面での枠組み作りを要望した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ