PR

地方 地方

仮想空間で自転車レース 17日 宇都宮の周回コース再現

 新型コロナウイルスの影響で中止となった自転車の国際ロードレース「ジャパンカップサイクルロードレース」の代替イベントとして、オンラインレースの「デジタルジャパンカップサイクルロードレースうつのみや」が17日に開催される。本物のコースをインターネット上に再現し、国内外のトップ選手約50人がオンライン参加。選手の分身が仮想空間で競い合う。

 レースはバーチャルサイクリングサービス「ROUVY(ルービー)」を活用。ネット上にジャパンカップの舞台と同じ宇都宮市森林公園周回コースを再現し、3周して順位を争う。

 出場は、世界トップクラスの海外5チームのほか、地元の宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼンなど国内9チーム。

 レース開始は午後6時。動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信するほか、同市江野町のオリオンスクエアでパブリックビューイングを行う。宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼンの選手はパブリックビューイングのステージ上から参戦する。

 一般参加のオープンレースも午後4時から実施。「ROUVY」に登録し、機材があれば、当日のアクセスで自由に参加できる。300人の定員になり次第締め切る。

 問い合わせは市都市魅力創造課(028・632・2736)。(松沢真美)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ