PR

地方 地方

いじめ訴訟で川口市が敗訴 「職務上の義務違反」

 川口市立中でいじめを受けた元男子生徒(18)が、第三者委員会による調査内容を情報公開請求した際、市が当初、不開示としたのは違法などとして100万円の慰謝料を求めた訴訟で、さいたま地裁(倉沢守春裁判長)は14日、市に2万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 倉沢裁判長は判決理由で、情報公開請求を受けた市教育委員会が、開示すべき部分と不開示部分を特定するのを怠り「職務上の義務に違反した」と述べた。

 判決などによると、元生徒は平成27年に入学後、所属するサッカー部で部員から首を絞められるなどして不登校になり、第三者委の調査でいじめと認定された。

 その後、市条例に基づきいじめに関する全記録の開示を請求したが、第三者委の調査に関する文書などが開示されず、昨年1月に提訴。市が同年5月、開示に応じたため、不開示決定の取り消し請求などは取り下げた。

 判決後、元生徒の母は「被害者の知る権利を侵害されたとの思いがあった。当然の判決だ」と話した。市は「判決文を精査し対応を考える」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ