PR

地方 地方

浜松の女性遺棄容疑、2人を処分保留

 浜松市の山中に平成30年、高梨ひさよさん=当時(83)=の遺体を遺棄したとして死体遺棄の疑いで県警に逮捕された、ともに無職の森下昌也被告(47)と小出佳奈美被告(49)について、静岡地検浜松支部は14日、いずれも処分保留で釈放した。

 2人は、高梨さんと息子の口座から現金を引き出したとする窃盗罪などで起訴されており、今後も勾留は続く。

 両被告は共謀して30年2月下旬ごろ、浜松市天竜区の山中に高梨さんの遺体を遺棄したとして、今年9月24日に再逮捕された。

 2人は7月、高梨さんの息子の口座から現金を引き出したとして窃盗容疑で逮捕され、その後、高梨さんの口座からも年金などを引き出した疑いがあるとして、追送検された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ