PR

地方 地方

軽乗用車にはねられ 沼田の84歳男性重体

 7日午後7時45分ごろ、沼田市鍛冶町の信号機のない県道丁字路交差点で、横断歩道を渡っていた、近くに住む、無職、白石十三夫さん(84)が左側から直進してきた軽乗用車にはねられ、頭部を強く打ち、意識不明の重体となった。

 沼田署は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、運転していた同市高橋場町、無職の小林三枝子容疑者(63)を現行犯逮捕した。同署によると、現場は片側1車線。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ