PR

地方 地方

災害時の避難行動マニュアルを初作成、群馬県富岡市

 昨年10月の台風19号による土砂崩れで市民3人が犠牲になった群馬県富岡市は、災害時の避難行動マニュアルを初めて作成し、全戸に配布した。昨年12月に立ち上げた災害検証委員会で必要性を指摘されていた。

 マニュアルは15ページで構成され、状況に応じた避難行動として自宅を避難場所とする「在宅避難」、親類や知人宅に避難する「分散避難」、「避難所避難」を提示。日頃から取り組むこととして、自分がとるべき避難行動▽非常用持ち出し品・備蓄品の準備▽行政などから出る情報への理解-を求めている。安全に避難できるタイミング、土砂災害の前兆などについても盛り込んだ。

 区長ら向けの避難所開設・運営のマニュアルも作成。新型コロナウイルス感染症を受けて、「避難所における感染症対策」を設けた。一般区域と専用区域の設置など開設時の留意点、避難者の受け入れ時の留意点、換気の徹底など運営時の留意点などを網羅した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ