PR

地方 地方

前橋女性殺害、ベトナム人再逮捕 技能実習生として来日

 前橋市のラブホテル経営者殺害事件で強盗殺人などの容疑で再逮捕されたベトナム国籍のレ・チュオン・ズオン容疑者(30)。県警によると、2年前の平成30年10月、奈良県の金属製品加工会社の技能実習生として来日していた。在留資格は今年10月までで、群馬を訪れたのは今年6月ごろ。知り合いを頼るように大泉町や前橋市などを訪ねていたとみられる。

 来県するまでの足取りは不明だが、技能実習先から警察に行方不明の届け出はなかったという。

 再逮捕容疑は9月10日午前9時40~50分ごろ、前橋市富士見町の「ポエム」敷地内で堀越つる子さん(71)の左背中を刃物で刺して殺害、事務所の現金約5万5千円を奪ったとしている。死因は大動脈損傷による失血死で5センチにわたる刺し傷以外、目立った外傷がないことから、いきなり背後から襲ったとみられる。凶器は見つかっていない。

 ズオン容疑者は、その後、タクシーや鉄道を使って移動。15日朝、警視庁品川署の交番を訪れ「群馬で人を殺した」などと説明。群馬県警が詐欺容疑で逮捕し、調べていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ