PR

地方 地方

群馬県職員、19日に内閣府赴任 河野行革相直轄チームで業務

 山本一太知事は1日の定例会見で、菅義偉政権の看板政策「規制改革」に協力するため、内閣府に派遣する県職員は19日に赴任し、河野太郎行政改革担当相の直轄チームで業務にあたる見通しだと明らかにした。

 職員は大臣直轄チームの一員として規制改革や役所の縦割り打破などに取り組み、地方自治体目線で政府の規制に関する課題の指摘や提案を行う。山本知事は「能力のある人を人選する」と語った。

 また、この職員をサポートするため、庁内に組織横断型の支援チームを設置することも表明。チームは行政改革やデジタル政策に関する部署など複数人で構成する方向で検討を急ぐ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ