PR

地方 地方

【佐々木朗希 激球一閃】ドラフトから1年 身長192センチに 心身の成長実感

試合前、グラウンドで調整する佐々木朗希(奥)=9月22日、楽天生命パーク宮城(大橋純人撮影)
試合前、グラウンドで調整する佐々木朗希(奥)=9月22日、楽天生命パーク宮城(大橋純人撮影)

 昨年のドラフト会議からまもなく1年になろうとしています。あっという間。まさにそんな気持ちです。

 あの時、緊張はしておらず、どこに行くのかなあという楽しみな気持ちでした。あれから1年。プロの試合ではまだ投げていませんが、心も身体も成長していると実感しています。

 実は身長も伸びました。これまでは190センチだったのですが、この前、測ってみると192センチになっていました。自分でもビックリでした。マリーンズに入ってから身体強化と成長に重点を置き、栄養にも気をつけながらいろいろなことに取り組んでいる結果かなあと思っています。とてもうれしかったです。

 そう思うと勉強をしながら野球をしていた日々が今やもう信じられません。午後4時ぐらいまで授業をして、その後に練習。テスト期間もある。今こうやって朝から夜まで野球中心で、精いっぱいやっている日々が普通になってしまうと、たった1年前であるのに学業と両立していたのが遠い昔のように感じます。

 こんなにプロ野球を見たのも初めてだと思います。先輩方がプレーをしている姿を見て、やっぱり野球は奥が深く面白いなあと改めて思いました。

 ドラフトからここまであっという間だったように、ここから1年後もきっとあっという間に過ぎると思います。目標に向かって真っすぐ進むことはもちろん大事ですが、前進と後退を繰り返しながらも少しだけでも前に進むことのできる、そんな人間でありたいと思います。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ