PR

地方 地方

健大高崎と館林がベスト4 秋季高校野球県大会

 第73回秋季関東地区高校野球大会県予選は26日、桐生市の桐生球場で準々決勝2試合を行い、健大高崎と館林が準決勝進出を決めた。

 注目カードとなった前橋育英と健大高崎の対戦は、中盤まで逆転に次ぐ逆転のシーソーゲームとなったが、六回に5本の長短打を集め一挙5点をあげた健大高崎が逃げ切った。

 準々決勝の残り2試合、前橋商-樹徳、桐生第一-高崎商大付は27日、同じ桐生球場で行われる。

 ▽準々決勝

 【桐生球場】

前橋育英  100 113 010-7

健大高崎  003 025 00×-10

(前)外丸、早川、皆川、菊池楽-飯島

(健)金子、中野、野中、今仲、高松-綱川

 ▽三塁打=野村(前)小沢、堀江(健)▽二塁打=皆川(前)野中2、桜井(健)

高崎北   000 020 100-3

館 林   102 201 00×-6

(高)高橋勇、横尾-山田陸

(館)宮村、周藤-小沢

 ▽二塁打=大塚、山田陸(高)周藤2(館)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ