PR

地方 地方

【御朱印巡り】日本武尊のご神徳あつく 長野県東御市 白鳥神社

境内は、江戸時代に栄えた旧北国街道の宿駅「海野宿」の東端に位置する。日本武尊のご神徳はあつく、地元の産土神として信仰を集める(松本浩史撮影)
境内は、江戸時代に栄えた旧北国街道の宿駅「海野宿」の東端に位置する。日本武尊のご神徳はあつく、地元の産土神として信仰を集める(松本浩史撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 後白河天皇の皇子である以仁王(もちひとおう)が発した平家討伐の令旨に応じ、源(木曽)義仲は治承5(1181)年、境内の前に広がる千曲川の白鳥河原で挙兵した。「平家物語」や「源平盛衰記」に語り継がれる史実である。

 残念ながら、神社の創建がいつだったのか、正確には分からない。だが治承年間は平安時代であり、そのころには社殿が建つここ「海野の地」の産土神(うぶすながみ)として鎮座していたことは、疑いようがない。

 主祭神は、第12代景行天皇の皇子である日本武尊(やまとたけるのみこと)を祭る。東方の蛮族を掃討せよと、景行天皇の命を奉じた日本武尊はその帰路、海野に滞在する。その後、大和国へ帰る道すがら力尽きてしまい、白い鳥に化身して海野にも舞い降りてきた-。神社に言い伝えられている「白鳥伝説」である。

 相殿神の貞元親王と善渕王、海野広道公への参拝者の崇敬もあつい。古代から中世にかけて海野を治めた豪族、海野氏の祖先とされ、広道公は初代となる。その名跡を継いだのが真田氏で、真田幸村の兄、信之は崇敬し、江戸時代、現在の長野県上田市から長野市松代に移封(いほう)となった際、領内に分祀(ぶんし)するほどだった。

 社殿は、旧北国街道の宿駅として栄えた海野宿の東端に位置している。海野宿は寛永2(1625)年に整備されたといい、往時のたたずまいを残す観光地として知られている。御朱印帳に「海野宿」と墨色で認められているのは、そうした地域性の表れである。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ