PR

地方 地方

菅政権発足 群馬知事「規制改革に期待」 小渕県連会長「実務重視の内閣」

 自民党の菅義偉(すが・よしひで)新総裁が第99代首相に指名された16日、県内では安倍晋三前首相の後を継ぐ新首相の誕生を歓迎するムードが広がった。新内閣の陣容も発表され、山本一太知事が「仕事師内閣だ」と評価するなど手腕への期待感が高まっている。

 総裁選予備選で菅氏支持を打ち出した山本知事は同日午後の首相指名を受け、「役所の縦割り、規制改革などに期待する」とし、新政権の喫緊の課題は「新型コロナウイルス感染症対策と社会経済活動の両立だ」と語った。

 組閣については「手堅い布陣で、仕事師内閣だ」と評価。同内容のメールを菅氏に送り、謝意を示す返信があったと明らかにした。

 自民党県連役員を務める県議は、こうした山本知事と菅氏の良好な関係が県政にプラスに働くとみる。「知事は官邸の懐に入り、県の要望などを伝えていくだろう。県選出国会議員の入閣が見送られただけに、期待は大きい」と語った。

 県連の小渕優子会長は「国民のために働く実務重視の内閣だ」との談話を発表。連立政権を組む公明党県本部の福重隆浩代表も「(新政権を)支え国民の期待に応えたい」とのコメントを出した。

 一方、無所属の女性県議は「組閣名簿の中に女性は2人しかいない」と指摘。コロナ対策を推進する上で、「『森友・加計問題』や『桜を見る会』の問題をめぐって損なわれた国民の信頼回復が必要だ」と注文を付けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ