PR

地方 地方

非鉄スラグ問題 廃棄物処理法違反で東邦亜鉛など処分 群馬

 東邦亜鉛の安中製錬所(安中市)が道路の基盤材などとして出荷した非鉄スラグの一部に土壌環境基準を超えるヒ素や鉛などが含まれていた問題で、県は10日、廃棄物処理法に基づき、東邦亜鉛に対し産業廃棄物処分業を90日間停止するなどの行政処分を行った。

 県によると、東邦亜鉛は平成26年6月~28年3月に非鉄スラグ約7万846トンを出荷したが、県は実質的に廃棄物と認定。東邦亜鉛が、許可を受けていない岡田興業(高崎市)と、法的記載事項を満たさない契約書に基づいて産廃処理業の石井商事(埼玉県八潮市)に非鉄スラグの運搬をそれぞれ委託した。

 また、岡田興業を仲介した土木建築業の岡田工務店(高崎市)と石井商事に対しても産廃収集運搬業を10日間停止にする行政処分を行った。いずれも10日付。

 県の調べでは、非鉄スラグは公共工事で1カ所、民間工事で103カ所で使われたが、土壌汚染は確認されていないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ