PR

地方 地方

タイヤパンクさせた容疑で40歳男を逮捕 千葉

 香取署は5日、駐車場で車6台のタイヤをパンクさせたとして、器物損壊の疑いで、住所不定の自称土木作業員、宮野友行容疑者(40)を逮捕した。

 署によると、宮野容疑者は容疑を認め、「会社で失敗した」との趣旨の供述をしているという。この6台を含めてJR佐原駅周辺では、3日から5日にかけて約30台のパンクの被害があり、同署で調べている。逮捕容疑は3日午後10時ごろ、香取市佐原イの駐車場で車6台のタイヤを鋭利な物で突き刺してパンクさせたとしている。防犯カメラの映像などから判明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ