PR

地方 地方

【大場一央の古義解-言葉で紡ぐ日本-】伝・本多正信 思想面の近世日本築く参謀

 天道(てんとう)とは、神にもあらず、仏にもあらず、天地のあいだの主にて、しかも躰(たい)なし 『本佐録(ほんさろく)』

                   ◇

 徳川家康の側近、本多正信(1538~1616)は影の参謀役といったイメージが強い。家中を二分した三河一向一揆では一揆方につき出奔。長い放浪をへて帰参した。家康が悩んでいるのを察してそれとなく進言したり、家康の暴言を訓令に潤色して家臣の面目を守るなど逸話は数多いが、一度は裏切った正信を取り立てたのは、2人の人間的な信頼があったからであろう。

 正信が著したとされる政治書に『治国家根元(ちこっかこんげん)』と『本佐録』がある。両書は相互補完し、実用的な政治論を展開する。ただ実は、当時随一の儒学者、藤原惺窩(せいか)の著作であろうことが研究によって明かされている。当時から「本多正信」という名にはそれほど、そうした知恵があったと思われていたのだろう。

 『本佐録』には「百姓は財の余らぬように、不足なきように治(おさむ)る事(こと)道(みち)也(なり)」とある。いわゆる「百姓は生かさぬよう殺さぬよう」として幕府による農民抑圧の象徴とされてきたが、それは特定のイデオロギーからのゆがんだ解釈であり、本旨は異なる。

 ことは簡単で「生かす」が「やりたい放題する」との意味であることを理解すればよい。要するに「百姓があまりに裕福になると、おごりを生じて怠惰になり、生産という本分を忘れてしまう。かといって搾り取って殺すのは論外だから、収入と課税を適切なバランスにすることで、安定した生活モデルを保証してやらねばならぬ」という議論なのだ。

 一方、『治国家本源』では「民を哀(あわれ)み玉(たま)ふ心ありと云(い)へども、其(そ)の哀む政(まつりごと)なければ益なし」とする。政府が赤字補填(ほてん)のため増税を「節約」などと称し、民間から搾取する政治は、無駄遣いの帳尻合わせに過ぎず、「国の本」である民を殺す政治は「天道」に憎まれると説くものだ。

 両書は一見すると矛盾しているようだが、搾取ととられかねない議論を、国民が怠けず腐らず、職業の役割に安住できるようにするための、収入と税の均衡の重要性を説く点では議論は何ら破綻しない。さらに、この姿勢が当てはまるのは百姓だけではない。職業における適切な収入と生活モデルを考え、公正に政策を行うことが政治家の役割であり、それを外れれば武士もまた責められることとなる。

 こうした立場ごとの役割をしっかりと理解した上で、職業を通じてみんなで社会を作っていくという世界観を示したのが『本佐録』であり、その根拠として「天道」が示された。

 天道とは、神でも仏でもない。世界をつかさどる主でありながら、形がないのである-とする冒頭の言葉は、これまで道徳や運命の責任を、神や仏といった超越的な対象に求めていた人々に、「他の誰でもない。政治家から民に至るまで、一人一人の生き方が役割に徹してうまくかみ合っていれば幸福になり、勝手気ままなら不幸になるという法則があるに過ぎない」と宣言したものだ。

 これに、同じく家康側近で、四天王と称された本多忠勝の言行録『本多平八郎聞書』の内容を重ねれば、「天道」によって家康と正信、そして惺窩が重なっていることに気づく。

 「天道」は朱子学によって「理」と言い換えられる。一人一人の生活にフォーカスした思想を儒教が理論化することで、その合理性はますます強まった。家康と正信とは、思想でも連携して日本の近世を作ったのである。

                  ◇

【プロフィル】おおば・かずお

 昭和54年、北海道札幌市生まれ。早稲田大文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。早大非常勤講師。著書に『心即理-王陽明前期思想の研究』(汲古書院)など。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ