PR

地方 地方

安全と自然両立する復興計画を提唱 豪雨被害で熊本知事

 九州を中心に甚大な被害をもたらした豪雨が4日で発生から2カ月になったことに関し、熊本県の蒲島郁夫知事は同日の記者会見で「(氾濫した)球磨川の恵みを永遠に享受できるような復興計画を打ち出したい」と話した。

 県は、流域住民の安全確保と自然や文化活用の両立を目指す「復旧・復興プラン」を11月をめどに策定する方針だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ