PR

地方 地方

秋の埼玉県警人事 660人異動 五輪・パラ延期で小規模に

 県警は3日、今月15日付で発令する秋の人事異動を内示した。異動規模は660人で、前年同期より4人少なかった。来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向けて業務の継続性を重視する観点から、小規模の異動にとどめた。

 小野瀬孝加須署副署長を交通機動隊副隊長、安藤英樹同隊副隊長を朝霞署副署長にそれぞれ充てる。所属長級の内示はなかった。

 組織改編では、15日付で交通総務課に「交通指導室」を設置し、複数の部署で分担していた業務を一元化し効率化を図る。

 同室は証拠品の管理体制強化も担当する。平成21年の小4男児死亡ひき逃げ事件に絡む証拠品紛失問題を踏まえた措置とみられる。

                  ◇

 【警視】交通総務課付=同課交通指導室長就任予定=(交通指導課主席指導官)大和田康浩▽交通機動隊主席指導官兼副隊長(加須署副署長)小野瀬孝▽公安1課主席調査官(大宮署警備課長)中野裕則▽外事課主席調査官兼次席(朝霞署副署長)志田均▽朝霞署副署長(交通機動隊主席指導官兼副隊長)安藤英樹▽加須署副署長(外事課主席調査官兼次席)西田雅裕▽大宮署警備課長(公安1課調査官)藤島庸正

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ