PR

地方 地方

他人のプリカ不正再発行疑い、中国籍の2人逮捕 埼玉

 他人のプリペイドカードを不正に再発行させて入手し、加熱式たばこを購入したとして、県警は詐欺の疑いで、ふじみ野市市沢、鄒睿容疑者(20)ら中国籍の大学生の男2人を逮捕した。同様の被害が県内と東京都内で十数件、計約150万円確認されており、関連を調べる。

 逮捕容疑は4月、他人名義のプリペイドカードを使い、ふじみ野市内のコンビニで加熱式たばこ計6万2400円分を購入し詐取したとしている。県警によると、カード利用者の携帯電話に「ポイントを贈呈する」とのショートメールを送って暗証番号の入力を求め、入手した番号を使い再発行を受ける手口だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ