PR

地方 地方

小型仏壇、心の支えに 熊本の仏壇店が豪雨被災者に無償提供

豪雨の被災者に小型の仏壇を無償で届けている輪島漆器仏壇店の社長永田幸喜さん
豪雨の被災者に小型の仏壇を無償で届けている輪島漆器仏壇店の社長永田幸喜さん

 ご先祖さまにも住まいを-。熊本市西区の輪島漆器仏壇店が、7月の豪雨で仏壇が流されたり、泥に漬かったりした被災者に、小型の仏壇を無償で届けている。「親や配偶者らを供養する仏壇は、被災者の心の支えだ」と社長、永田幸喜さん(58)。これまでに届けた仏壇は約50基に上る。

 仏壇は仮設住宅や親戚の家にも置きやすいよう縦33・5センチ、横19センチ、奥行き19センチのサイズ。線香立てなど仏具一式がセットで、中に位牌を置くことができる。

 豪雨の後、人吉市の顧客宅を訪れて永田さんが目にした被災地の光景は「想像を絶した」。落ち込む被災者を励まそうと、製作費数百万円を店で負担し、静岡市の職人に100基を発注。人吉市や球磨村などへ、何回も車で仏壇を届けた。

 「お盆はどうなるかと思っていましたが、手を合わせることができました」「気力をなくしていた母親が元気になりました」。店には感謝の手紙や電話が続々と届く。今後クラウドファンディングで資金を募り、さらに200基の発注を目指すという。

 要望があれば、福岡や大分など、今回の豪雨で被害を受けた熊本県外の被災者にも郵送で仏壇を届けたい考えだ。永田さんは「こういう時こそ仏壇店として力になりたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ