PR

地方 地方

コロナ、アベノミクス評価二分 千葉県民からは首相辞任表明に驚きの声

 安倍晋三首相の突然の辞任表明に、千葉県民からは驚きの声が広がった。

 千葉市中央区の男性(51)は「過去に例のないコロナウイルスの感染拡大という課題に頑張って取り組んでいたと思う」と評価し、「緊急事態宣言に伴う自粛要請で大変な思いをした人もいると思うが、そうした政策の効果として他国に比べ感染が抑えられていると思う」と辞任を惜しんだ。

 別の男性(30)は、速報をみても驚かなかったと話し、「桜を見る会など不祥事が多かった印象がある」としながらも、コロナ対策について「批判の声もあるが、誰がやってもそうなっていたと思う」と話した。

 松戸市で観光農園を経営する加藤正芳さん(45)は「オリンピックとコロナ問題に決着や筋道をつけずにやめていくのは長期政権の最後としては残念だ」と語り、「アベノミクスで株高になったのはわかるが、暮らしは変わらなかったように思う。次の政権は、農園への来客が増え、好景気が実感できる社会を作ってほしい」と期待を込めた。

 一方で、柏市の主婦(58)は「森友学園の問題で自殺者が出たことについて、何の説明もしないままやめるのはおかしい」と話し、「辞職後であっても解明に協力しなければいけない。このままでは事件がうやむやで終わってしまう」と批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ