PR

地方 地方

ICTリテラシー向上など盛る 群馬県、ネット被害者支援条例骨子案

 県は27日、全国初の制定を目指して検討を進める「インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷被害者支援条例」について、「被害者支援」と「ICT(情報通信技術)リテラシー向上」を2本柱とする骨子案を明らかにした。年内制定を目指し、安心してネットを利用できる環境を整備する。

 県によると、条例では被害者支援を誹謗中傷が起きた「事後の対策」に位置付けた上で、被害者からの相談対応▽情報提供や法的助言など-を規定する。

 ネットの普及に伴い、利用者の誰もが加害者になりかねないため、「事前の対策」としてICTを適切に使いこなすリテラシー向上のための施策なども規定。罰則を伴う規定は設けないという。

 今後、有識者会議や意見公募(パブリックコメント)で議論を深め、11月にも県議会第3回定例会に条例案を提案する予定だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ