PR

地方 地方

SIMカード不正入手疑い、男を再逮捕 埼玉

 県警は27日、スマートフォンのデータ通信に必要なSIMカードを偽名で入手したとして、私電磁的記録不正作出・同供用と窃盗の疑いで、事件当時19歳だった栃木県大田原市の無職の男(20)を再逮捕した。

 男は、スマホ通話アプリ利用登録時の本人確認手続き「SMS認証」を有償で代行し、他人が匿名でアプリを使えるようにした疑いで7月に逮捕された。県警は、この手口に使う電話番号を大量取得するためSIMカードを不正に約100件契約したとみて調べる。

 逮捕容疑は昨年4~5月、偽名で通信事業者と契約し、SIMカード2枚を発送させたとしている。県警によると、男が認証を代行した通話アプリが特殊詐欺に使われ、計約300万円の被害が確認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ