PR

地方 地方

陸自・西部方面総監が会見「使命を自覚して」

陸上自衛隊西部方面隊の総監に就任し、記者会見する竹本竜司陸将=26日、熊本市の健軍駐屯地
陸上自衛隊西部方面隊の総監に就任し、記者会見する竹本竜司陸将=26日、熊本市の健軍駐屯地

 九州7県と沖縄を管轄する陸上自衛隊西部方面隊の総監に竹本竜司陸将(56)が就任し、熊本市の健軍駐屯地で着任式が開かれた。幹部ら約250人を前に「安全保障環境がより厳しくなり、コロナ禍の異常事態でもある。使命を自覚してほしい」と訓示した。着任は25日付。

 式典後の記者会見では、南西諸島や朝鮮半島の情勢に触れた上で「(警戒対象は)宇宙やサイバーの領域にも広がっており、新しいものに対応していく」と強調した。

 多発する災害への対応については「即応体制をつくり、訓練することが大事だ」と指摘。「どこで起きるか分からず、しっかり自治体と連携したい」と話した。

 竹本氏は島根県出身で防衛大卒。第1師団長や陸上幕僚副長などを歴任した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ