PR

地方 地方

【御朱印紀行】石尊山観音寺(沼田) ほのぼの表紙、漫画家とコラボ

 本県と福島、栃木、新潟の3県にまたがる尾瀬国立公園の玄関口に位置する沼田市。石尊山観音寺(せきそんさんかんのんじ)はこの地に、室町時代の明応9(1500)年に開創された。500年超に及ぶ歴史を刻み、子供たちが遠足で訪れたり、座禅・写経を体験できたりと親しみやすい禅寺として地域に知られている。

 その観音寺が今年3月、短文投稿サイト「ツイッター」上で話題になった。きっかけは御朱印帳。青年コミック誌「モーニング」(講談社)で「CITY」を連載している本県出身の人気漫画家、あらゐけいいちさんのイラストを表紙にあしらった特別限定版だった。

 表紙は、境内でほうきを手にする女性を中心に、居眠りするクマやウサギなどさまざまな動物をほのぼのとしたタッチで描いた作品。あらゐさんが自らツイッターで発信すると、ファンらが寺に押し寄せ、準備した100冊がわずか2日で完売した。

 「片田舎の禅寺がこんなに注目されるなんて」。住職の五十木晃健(いかるぎ・こうけん)さん(65)はネットの口コミ力に驚いた。急遽(きゅうきょ)200冊を増刷し、コロナ禍の4、5月を除いて参拝者に有償で提供を続けている。

 御朱印帳を求めるのは20~40代で、男性の割合がやや多いという。その大半が首都圏から訪れており、「これまでにない層の参拝者が大幅に増えた」(五十木さん)。

 御朱印帳だけが関心の的となることには痛しかゆしの面があるというが、御朱印帳をきっかけに参拝者らと会話が増えれば、布教活動の一歩にもなる。「遠方からの参拝者にもお寺のことを知ってもらえるようになる」。五十木さんはそう前向きに考えている。(柳原一哉)

                  ◇

 【メモ】沼田市下発知町332。関越自動車道沼田ICから車で約10分。駐車場あり。あらゐけいいちさんのイラストを表紙にあしらった御朱印帳は3500円。写真共有アプリ「インスタグラム」のアカウントは「kannon2020」。【問】0278・23・9410。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ