PR

地方 地方

【千葉知事会見抄録】「感染少なかった市町でも広がり」

 【新型コロナウイルス】

 森田健作知事「本県の新規感染者数は6日に過去最多の76人となり、その後も高い水準が続き、直近1週間の平均は1日40人を超えている。8月に入り、これまで感染者が少なかった市町でも感染が広がっている。10~30代が約5割を占める一方で、60代以上も約2割と増えている。職場や家庭内での感染拡大もみられる。また、接待を伴う飲食店や昼カラオケで相次いでクラスター(感染者集団)が発生しており、非常に危機感を強めている」

 --新型コロナと症状が似ている熱中症の救急搬送も増えているが、対応は

 知事「まず、熱中症にならないことが一番大事だ。私が注意していることをあげれば、こまめに水分取ること。クーラーの上手な使い方も考えてほしい」

 --新型コロナの重症者が全国的に増えている

 知事「大変緊張感を持っている。重症者用の病床は現在63床確保しているが、万が一のために、医療機関にもしっかり協力を賜り、対応していきたい」

 --「Go To 千葉」。知事の夏休みは

 知事「2日だけ夏休みを取らせてもらった。最初に感染者を受け入れてくれたホテル三日月に『必ず行く』と言っていたので行ってきた。社長以下従業員は大変努力しており、お客も戻っている。観光というけれども千葉県は農業県でもあり、食材を賄っている。裾野は広い。県民は『Go To 千葉』で経済の活性化につなげてほしい。それと同時に、私たちも訪れる以上、感染拡大をしっかり防ぐ。事業者は万全の体制で迎えてほしい」

 --8日から感染予防対策をとっていない店に休業要請を出したが、その後の状況は

 知事「最近、クラスターが接待を伴う飲食店や昼カラで増えている。そういう業種に対してはガイドラインを守って、感染拡大防止に取り組むこと、県が送付しているチェックリストの確認などをお願いしてきた。接待を伴う飲食店は県が把握しているだけでも2千軒ある。県民の皆さまも(店の感染防止対策が不十分といった)情報があれば、県に伝えてほしい。現在、そのような通報は2件しかきていない」

 --通報への対応は

 担当職員「県から文書を送り、実際どのような対応しているのか、記入して返送をお願いしたところだ」(20日の定例会見)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ