PR

地方 地方

諏訪でトライアスロン大会を 来年6月開催に向け、地元有志の取り組み本格化 願いかなうか

トライアスロン大会でスイムの実施が予定される下諏訪町漕艇場周辺=長野県の諏訪湖畔(松本浩史撮影)
トライアスロン大会でスイムの実施が予定される下諏訪町漕艇場周辺=長野県の諏訪湖畔(松本浩史撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 諏訪盆地のほぼ中央には諏訪湖が広がり、見晴るかす山々の姿かたちは、この地ならではの美しさを漂わせる。「東洋のスイス」とも呼ばれるここ諏訪地域で来年6月、トライアスロン大会「スワコ8(エイト)ピークス(仮称)」を実現させる地元有志の取り組みが本格化している。署名の賛同者はすでに1万7000人超集まり、コース設計やスポンサー集めなどに当たる実行委員会も8月に正式発足する。夢を引き寄せられるのか。実現までもうあと少しだ。(松本浩史、写真も)

自然の醍醐味が魅力

 トライアスロンは、スイム(水泳)とバイク(自転車ロードレース)、ラン(長距離走)の3種目を1人の競技者がこの順番で連続して行う耐久競技として知られる。「諏訪湖周・八ケ岳山麓トライアスロン大会実行委員会」の準備会が想定しているそれぞれの距離は、2キロ、90キロ、20キロのミドルディスタンスだ。

 諏訪湖畔にある下諏訪町漕艇(そうてい)場周辺で行われるスイムに続き、バイクでは諏訪地域を構成する諏訪、岡谷、茅野3市や下諏訪、富士見2町、原村を巡る。特に、富士見町、原村などは八ケ岳山麓に当たり、豊かな自然を楽しめそうだ。ランは湖畔に延びるジョギングコースをメインにして設定される。開催日は来年6月26日を予定し、1千~1500人の参加人数を想定している。参加費は5万円前後を見込む。

 大会の広報活動などを担う広告会社「ジェイ・キッズ」の小針哲郎社長は、コースから望める八ケ岳はもちろん、北・中央・南アルプスの山影も視界に入れられる自然の醍醐味(だいごみ)がこの大会の最大の魅力だと説く。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ