PR

地方 地方

大宮消防署、55歳主査を懲戒免職 万引し店員にけが

 さいたま市は6日、市内の玩具店で万引して逃げる際、店員を振り払いけがを負わせたとして、大宮消防署氷川参道出張所の小谷野修慈主査(55)を懲戒免職処分とした。強盗致傷の疑いで、大宮東署に現行犯逮捕されていた。

 市によると、在宅勤務扱いとされていた6月10日午後1時半ごろ、エアガン用マガジンやBB弾など9点(計2万3千円相当)を万引した。店外に出た際に警報ブザーが鳴ったため逃げようとし、追いかけてきた店員の右手に擦り傷などの軽傷を負わせた。その後、駆けつけた署員に現行犯逮捕された。

 消防局には「エアガン集めが趣味で、新作のエアガンを見ようと玩具店に行ったら部品がほしくなった」と話したという。

 市の林一浩消防長は「誠に遺憾。法令順守と再発防止を徹底する」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ