PR

地方 地方

球磨村で罹災証明書交付始まる コロナで人数制限も

 7月の豪雨で大きな被害を受けた熊本県球磨村は3日、被災者が公的支援を受けるために必要な罹災証明書の交付を開始した。会場の総合運動公園では、住民は証明書を受け取った後、住宅支援や税の減免などの相談をしたり、生活再建支援金の申請を進めたりした。新型コロナウイルス対策のため、村役場は当面1日約30人への交付に制限する。

 交付を受けた山口一郎さん(77)は、仮設住宅の入居などについて相談した。「今からの生活が心配だ」と語った。

 球磨村では、7月4日の豪雨で国道が崩壊して通信回線が切れた影響で、複数のシステムが使えなくなり、役場機能が失われた状態が7月17日まで続いていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ