PR

地方 地方

生徒総会もオンライン 船橋市立行田中、予算案など審議

 船橋市行田の市立行田中学校で、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で各教室をつないだオンライン生徒総会が開かれた。感染拡大している新型コロナウイルス防止のための取り組みという。

 生徒総会は毎年5月に体育館で全校生徒が参加して開いていたが、今年は臨時休校で実施できなかった。このため、生徒会役員と学校側が話し合い、感染の心配がない、非対面のオンライン方式による時期を遅らせた総会の開催が決まった。

 夏休み前の7月30日に行われた総会は各教室の電子黒板と結ばれたビデオカメラ、マイクが置かれた図書室に、生徒会長の3年生、伊藤優那さん(14)のほか、生徒会役員と学年代表ら18人が集まり、午前11時20分から約40分間開催された。

 議題は昨年度の生徒会活動の報告や今年度の方針のほか、部活動への公平な予算配分を重視した今年度生徒会予算案の審議。議決は各教室での挙手をカウントしてオンラインで集計され、いずれの議案も賛成多数で承認された。

 総会を終えた伊藤さんは「全力で取り組んで開催できた。貴重な経験ができてうれしい。相手の顔が見えなくても不安はなかった」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ