PR

地方 地方

高校野球群馬独自大会 市立太田、終盤猛攻で逆転 桐生南は接戦制す

 全国高校野球選手権群馬大会に代わる独自の「県高校野球大会」は1日、上毛新聞敷島と桐生の2球場で2回戦4試合を行い、5点差の市立太田が終盤に猛攻で高崎商を逆転、9-8で退け、3回戦にコマを進めた。このほか、渋川青翠が大泉に2-1でサヨナラ勝ちし、桐生南も館林との接戦を3-2で制した。伊勢崎清明は西邑楽を7-2で下した。

 桐生南は逆転された六回2死から二塁打で出た藤本が西場の内野安打で生還して同点とすると、七回にも内野安打で出た大田が二盗後、犠打2本で3点目。ソツのない攻撃で再びリードを奪い、館林の攻撃を抑え逃げ切った。館林は2点を挙げた六回、なお1死満塁のチャンスに後続が倒れ、九回も2安打で2死一、三塁としたが、あと1本が出ず、涙をのんだ。

 1-1で迎えた十回、互いにタイブレーク制の無死一、二塁で始まる攻撃を生かせなかった大泉に対し、犠打と適時打でモノにした渋川青翠がサヨナラ勝ちした。渋川青翠の右腕・萩原、大泉の左腕・折尾の投げ合いとなった試合は、渋川青翠が六回2死二塁から小林の三塁打で先制。大泉は九回1死満塁から適時打で1点挙げたが後続が続かず、逆転の好機を逃した。

 伊勢崎清明は二回2死走者なしから安打と相手失策、四球で満塁とし、再び相手失策で2点、さらに2連打で3点を挙げ主導権を握った。西邑楽も終盤に反撃、七、八回とも長短2安打で1点ずつかえしたが、その裏、伊勢崎清明は1死二、三塁から左前適時打で2点を加え勝負を決めた。西邑楽はこの日の2失策が二回に集中、大量失点につながったのが痛かった。

 5点を追う市立太田は七回、連打で出た走者を泉田の適時打と後続の内野ゴロでかえし2点を挙げると、八回には継投の高崎商2番手、3番手を攻め二塁打3本に3安打、四球も絡め6点を挙げて逆転。九回にも2安打で1点を追加、追い上げる高崎商をかわし16強に進んだ。高崎商は初回、3四死球と制球に苦しむ相手先発の石関を攻め4点を奪ったが、終盤に大量点を許し1点差で敗れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ