PR

地方 地方

イングランドの丘で晴天の下ヒマワリ楽しむ 兵庫

咲き誇るヒマワリを楽しむ親子連れ=南あわじ市
咲き誇るヒマワリを楽しむ親子連れ=南あわじ市

 南あわじ市八木養宜上の淡路ファームパークイングランドの丘で8月末まで、計約10万本のヒマワリを楽しめる「ひまわり大作戦2020」が開かれている。久しぶりの晴天となった29日には多くの親子連れや若者らが訪れ、強い日差しのもと、ヒマワリを背景に写真を撮るなどして夏の風物を堪能していた。

 ひまわり大作戦は同園の夏の人気イベント。「ハイブリッドサンフラワー」や「サンフィニティ」といった4品種のヒマワリを園内16カ所に分散して植えている。種まきの時期をずらし、8月末までどこかでヒマワリを楽しめるようにしているという。

 同園によると、青空が広がったのは22日以来。1週間近く雨の日が続き、人出はまばらだったが、晴天のこの日は「予想以上」(担当者)となった。

 入園口近くで咲くヒマワリはちょうど見頃を迎え、高さ約1・5~2メートル、直径約10~20センチの黄色と黒の花を咲かしている。ヒマワリ目的でやってくる観光客も多いとみられ、大阪市から訪れた20代の女性2人組も「ヒマワリを見るのが楽しみだった」と話し、盛んにスマートフォンで写真を撮っていた。同園では8月中、「全島民入園無料キャンペーン」を展開する。問い合わせは同園(0799・43・2626)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ