PR

地方 地方

熊本県が291億円補正

 熊本県は21日、甚大な被害が出た豪雨の救助活動や被災者支援に充てるため、令和2年度一般会計を291億円増額する補正予算を蒲島郁夫知事が専決処分したと発表した。補正後の一般会計は8368億円。市町村の災害救助活動費に194億円を計上。小規模集落などの土砂撤去費に5億円を盛り込んだ。肥薩おれんじ鉄道やくま川鉄道の一部区間が運休となり高校生の通学に支障が出ているとして、通学用の代替バスに5億円、熊本市と被災地を結ぶボランティア向けバスの運行に2千万円を充てた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ