PR

地方 地方

男児ひき逃げの遺品紛失、隠蔽目的で書類破棄の元警部補を在宅起訴

 熊谷市で平成21年に小学4年の小関孝徳さん=当時(10)=がひき逃げされて死亡した事件に絡み、さいたま地検は、県警が預かった遺品の腕時計の紛失を隠す目的で捜査書類を破棄したとして、公文書毀棄罪で、県警の須郷宗男元警部補(62)を在宅起訴した。17日付。

 起訴状によると、交通捜査課でひき逃げ事件の担当だった須郷被告は27年9月、小関さんが事件当時に身に着けていた腕時計など、遺族から任意提出を受けた証拠品を記した関連文書を、シュレッダーで裁断し破棄したとしている。

 腕時計は10歳の誕生日に母親が贈ったものだった。県警は昨年1月、紛失したことを公表し、同9月、公文書毀棄などの疑いで須郷被告を書類送検した。

 地検は、書類送検容疑のうち、「腕時計」の記載を削除した文書を改めて作成したとする虚偽有印公文書作成・同行使容疑は不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ