PR

地方 地方

新型コロナ 埼玉県の対策、首都圏に波及 飲食店利用自粛 1都3県で協調

 新型コロナウイルス対策として、県が改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき実施している一部飲食店などの利用自粛要請が17日、首都圏4都県で足並みをそろえて実施される見通しとなった。4都県知事が同日のテレビ会議で合意した。

 大野元裕知事は会議で、首都圏で感染者が増加傾向にあることを念頭に「県の取り組みが1都3県で協調して行われることは大歓迎だ」と語った。

 県は、特措法に基づき、感染対策が不十分な店舗の利用を控えるよう県民に求めるとともに、店舗側に対策の徹底を要請している。県独自の取り組みが、感染拡大を背景に首都圏全体に波及した形だ。

 会議には西村康稔経済再生担当相も参加し、首都圏での感染の広がりに歯止めをかけるための方策などを議論した。(竹之内秀介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ