PR

地方 地方

足利市、ふるさと納税5倍弱に 元年度 こども夢基金に寄付多く

 足利市が令和元年度に受け入れたふるさと納税「ふるさと足利応援寄付金」の総額が前年度比5倍弱の6589万円(577件)に上ることが、市財政課のまとめで分かった。子育て支援を目的としたこども夢基金や、昨年10月の台風19号被害に対する寄付金が目立った。

 寄付金受入額としては平成29年度の1億693万円に次いで、市としては過去2番目。平成20年度以降の累計は1101件2億5469万円で、平成30年度は94件1383万円だった。

 こども夢基金は昨年、屋内遊び場「キッズピアあしかが」の施設整備など子育て支援を目的に創設され、32件3640万円の寄付があった。そのほか台風19号関連は387件1779万円で、次いで史跡足利学校のかやぶき屋根ふき替えのための66件606万円となっている。

 寄付に対する返礼品は「あしかがフラワーパーク入園券・お土産券」が94件で最も人気が高く、「ココ・ファーム・ワイナリー満喫券」が35件、「史跡足利学校参観券・お土産券」が4件だった。(川岸等)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ