PR

地方 地方

吉野ビジターズビューロー、オンラインサロン開設 「ウィズコロナの新たな観光の形」 奈良

 一般社団法人「吉野ビジターズビューロー」(吉野町)は15日、有料オンラインサロン「よしのーと!教えて交流サロン」を開設した。吉野に精通した人らとの交流で生きた情報が得られ、季節ごとの特産品が宅配される特典も。同ビューローは「ウィズコロナの新たな観光の形を全国に先駆けてつくっていく」と意気込んでいる。

 同ビューローは、吉野の在住者や知見を持った人ら約20人を有志のライターとして募り、山歩き、歴史解説、吉野の隠れた魅力などを紹介するウェブマガジン「よしのーと!」を今春に開設。約70本の記事が集まるなど充実した内容で、ウェブマガジンを入り口にオンラインサロンに誘い込む狙いだ。

 オンラインサロンは、吉野町内の宿・飲食店・土産店などで使える2千円分のポイントカードがつく「吉野に行こう会員」(月額500円)▽2千円分のポイントカードと吉野川沿いの酒蔵で造られた日本酒3本が年2回宅配される「吉野を応援会員」(同1千円)▽5千円分のポイントカードと日本酒・健康茶・無添加ボディーソープの特産品3種が年2回宅配される「吉野が大好き会員」(同1500円)-の3種類がある。

 会員は、吉野を旅する前に生きた情報を得られるほか、吉野に精通した人や同じ興味を持つ人が集まるウェブ上の交流会などに参加できる。

 同ビューローの山川貢太事務所長は「今回の取り組みは20代後半から50代前半のファミリーや壮年層がターゲット。新たな観光の需要を生み出していきたい」と話す。

 山川事務所長によると、ウェブマガジンやオンラインサロンなどを複合的に連動させる観光振興の取り組みは全国初という。

 オンラインサロンは、この日新たに立ち上がったポータルサイト「よしのオンライン」のコンテンツの一つ。吉野の特産品を販売するオンラインショップもあり、旅行の前後にも楽しめる内容が充実している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ