PR

地方 地方

電子書籍4000冊、貸し出し開始 音声読み上げ機能も対応 那須塩原市

 那須塩原市は今月から、インターネットで電子書籍を貸し出す「電子図書館サービス」を開始した。自宅にいながらパソコン、タブレット端末、スマートフォンなどを通じて24時間無料で電子書籍を読むことができる。

 同市によると、開始当初の電子書籍の蔵書は小説、児童書、雑誌など約4千冊。市内在住、在勤、在学の人が利用できる。1回につき5冊まで借りられ、貸し出し期間は2週間。予約が入っていない場合は1度だけ貸し出し期間を延長できる。

 サービスの利用には専用IDとパスワードの発行が必要。図書館の利用カードを持っている人はネットで申し込み、カードのない人は図書館のホームページから申込用紙をダウンロードし必要事項を記入のうえ郵送する。同市では、「音声読み上げ機能に対応した電子書籍もあるので、高齢者や障害のある人にも利用してほしい」としている。

 なお、今月1日にオープンを予定していたJR黒磯駅前の同市図書館(通称みるる)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため開館が延期された。(伊沢利幸)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ