PR

地方 地方

強制不妊、視覚障害者提訴 浜松の女性「精神的苦痛」

 提訴のため静岡地裁浜松支部に向かう武藤千重子さん(手前右)と弁護団=3日午前、浜松市
 提訴のため静岡地裁浜松支部に向かう武藤千重子さん(手前右)と弁護団=3日午前、浜松市

 旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、視覚障害のある浜松市の武藤千重子さん(71)が3日、国に3300万円の損害賠償を求める訴えを静岡地裁浜松支部に起こした。

 訴状によると、武藤さんは小学生のころに視力が低下し、高校を卒業して就職した昭和42年に白内障と診断された。49年に結婚し長女を出産。52年に次女を出産した直後に、入院していた医院の婦長から「3人目は(目の疾患が)遺伝しないとは限らない」と言われ、不妊手術を強いられたとしている。武藤さんは第3子を望んでいたのに、手術により産めなくなり「著しい精神的苦痛を被り続けている」と訴えている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ