PR

地方 地方

【佐々木朗希 激球一閃】みんなスイッチが入った 開幕戦の重み

試合前練習でアップする佐々木朗希(中央)=6月19日、ペイペイドーム(村本聡撮影)
試合前練習でアップする佐々木朗希(中央)=6月19日、ペイペイドーム(村本聡撮影)

 6月19日からのペイペイドームでの福岡ソフトバンクホークスとの開幕3連戦は1軍遠征に帯同して調整をさせていただきました。無観客とはいえ、初めて体験するプロの開幕戦となりました。今までにない開幕戦の独特の緊張感を感じ取ることができました。

 マリーンズの開幕投手は石川歩さんでした。登板後の疲れ切った表情が印象的でした。まるで何百球も投げたようなすごい疲れた表情をしていました。その姿から開幕戦というのは長い目で見れば120試合のうちの1試合でただの1試合かもしれませんが、特別な試合でもあるのだろうなあと思いました。

 試合前に井口資仁(ただひと)監督が全選手の前でスピーチをされました。これもプロ野球の独特の雰囲気を感じました。監督は「みんな元気で助け合って、信頼し合って1年間戦っていこう。今日から120試合、全力で最後まで突き進もう。今年は勝ち抜く! 絶対に勝てるよ。今日からその気になってやっていこう」と話をされました。その時の全員の表情からキャンプや練習の時には見たことがないようなピリピリとしたものを感じました。普段は気さくな先輩方のスイッチが入った瞬間だったと思います。

 試合は九回2死から同点に追いつきましたが、延長十回に1-2でサヨナラ負け。両軍なかなか点が入りませんでしたが、さまざまな駆け引きなど攻防を繰り返しているのが伝わってきました。今回、このように1軍に帯同をさせていただき、この開幕の独特の雰囲気を感じることができて、とても良かったと思います。いろいろと勉強になりましたし、自分の中でも感じることがありました。そして何よりも今回、新型コロナウイルスのこともあり開幕が延期を続けた中で、イレギュラーな形とはいえ開幕しプロ野球が始まったことの幸せを感じ、開幕に向けてご尽力いただいた方々に感謝の気持ちを強く持ちました。

 自分はまだ1軍で投げてもいない投手ですが、いつか開幕という大舞台で投げたいという思いを強くしました。そのために今は地道に体作りをして、この大舞台で指名される投手になりたいです。(月1回程度掲載)

佐々木朗希(ささき・ろうき)】 平成13年11月3日生まれ、岩手県陸前高田市出身。23年に東日本大震災で被災し、同県大船渡市に移った。同県立大船渡高3年生だった31年4月に球速163キロをマーク。夏の岩手大会では花巻東高との決勝に登板せず敗れた。高校日本代表としてU18W杯に出場。190センチ、92キロ。右投げ右打ち。背番号17。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ