PR

地方 地方

「大曲の花火」73年ぶり中止 新型コロナで

 秋田県大仙市で毎年開かれ、全国の花火師が技を競い合う全国花火競技大会(通称・大曲の花火)について、大会委員会は29日、8月に開催予定だった第94回大会を取りやめると発表した。来年8月の大会を94回とする。明治43(1910)年に始まった大会が開催されないのは、昭和22年以来73年ぶり。

 新型コロナウイルス感染防止対策が困難と判断。大会委員会会長の老松博行大仙市長は「市を代表するイベント。苦渋の決断だった」と話した。

 開催予定だった8月29日には、事前に場所、時間を告知せずサプライズ花火を打ち上げる計画。大仙市では10月末からの毎週土曜日、ツアー客に打ち上げ花火を観賞してもらうツアーを企画している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ