PR

地方 地方

四国、九州で大雨の恐れ 前線活発化に警戒

 梅雨前線の活動が活発になる影響で、四国や九州では28日にかけて、大雨の恐れがある。気象庁は27日、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒するよう呼び掛けた。黒っぽい雲が近づいてきたり急に冷たい風が吹いたりした場合は、発達した積乱雲による突風や落雷が起きる可能性があり、屋内に入るよう求めた。

 27日午前は九州各地で激しい雨となり、福岡県久留米市では午前8時ごろまでの1時間に、この地点の史上1位となる92・5ミリを記録した。佐賀県伊万里市でも午前6時までの1時間に87・5ミリを観測した。

 気象庁によると、日本付近では28日にかけて、東日本の太平洋側から九州にかけて梅雨前線が停滞。暖かく湿った空気が流れ込んで、大気の状態が不安定になる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ