PR

地方 地方

酒気帯び疑いで自衛官逮捕 宇都宮駐屯地所属

 宇都宮中央署は26日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、陸上自衛隊宇都宮駐屯地所属の自衛官、小山内響太容疑者(25)を現行犯逮捕した。「居酒屋で1人で飲んだ」と供述している。

 逮捕容疑は26日午前6時25分ごろ、宇都宮市の市道で酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。署によると、交差点を右折する際に曲がりきれず、建物に衝突する事故を起こしていた。

 宇都宮駐屯地は「事実関係を照会中」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ