PR

地方 地方

地上イージス断念 山口県知事が「感謝」 萩市長は批判

 山口県の村岡嗣政知事は25日、政府が陸上自衛隊むつみ演習場(同県萩市、阿武町)への地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画断念を決めたことについて、県庁で記者団に「最終的にどうなるのか中ぶらりんだった。早急な決定に感謝する」と述べた。藤道健二・萩市長は「民意の無用な対立を招いた」と厳しく批判した。

 村岡知事は、25日午前に河野太郎防衛相から配備断念の決定と謝罪の電話があったと明らかにした。「住民の安全に関わることは、間違いのない説明をするよう防衛省は改めてほしい」と注文をつけた。

 藤道市長は会見で、河野防衛相との電話で、防衛省が住民に直接説明するよう求め同意を得たと明らかにした。「イージス・アショアはいわば住民にとっての迷惑施設。市民に危害を与えることもなくなったので、良かった」と強調した。

 配備反対を表明していた阿武町の花田憲彦町長は取材に「一安心した。町は大きく翻弄されたが、平穏な日々が戻ることを町民と喜びたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ