PR

地方 地方

カープ電車リニューアル ファンの「声」乗せ12月まで運行

 プロ野球公式戦の開幕に合わせ、広島電鉄(広島市中区)は、広島東洋カープのロゴマークなどをあしらった「カープ電車」の内装を一部リニューアルして運行を始めた。

 5両編成の先頭車両と最後尾車両のテーブル部分4カ所に「『いい試合』期待しています。」「野球を楽しめる幸せ。やっぱりカープが大好きだ!」などのメッセージが加えられた。カープ電車は平成18年から運行しており、車内の天井、壁にはカープの選手や過去の優勝シーンなどの写真が飾られている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で約3カ月遅れてのプロ野球開幕。同社関係者は「広島市民にとっては待ちに待っていた開幕。カープ電車に乗って、気持ちを高まらせてほしい」と話していた。

 カープ電車の運行は12月末まで。主に1号線(広島駅-紙屋町東~広島港)を1日7~8往復している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ