PR

地方 地方

青森県内税務署の男性職員減給処分 システム情報不正閲覧 

 仙台国税局は19日、税の申告情報などを管理するシステムで親族などの情報を不正に閲覧したとして、青森県内の税務署に勤務する50代の男性上席国税調査官を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。情報漏洩(ろうえい)はないという。

 同国税局によると、上席国税調査官は今年1~3月、勤務中に興味本位などの私的な理由によりシステムを使用し、自分や配偶者、親族、知人の計4人の税務情報を8回にわたって不正に閲覧した。上席国税調査官は昨年、システム情報の不正閲覧で訓告の矯正措置を受けていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ